HOME > 偽装派遣
役立つコラム

偽装派遣

「偽装請負」聞いたことがあるでしょうか?
「偽装請負」の形態で、製造業の工場で多くの労働者が働かされているようです。
「請負」で外部から受け入れた労働者たちを低賃金で使い、必要なくなったら簡単に解雇する、という実態があります。

派遣と請負、その違いはわかりそうで、いまいちよくわからないですね。関係を図にしてみました。

派遣と請負の違いを表わす図

「請負」というのは、「請負人が、相手方に対し仕事の完成を約し、注文者がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約することにより成立する、諾成・双務・有償の契約」と、民法に規定されています。

要するに請負人(自分)は注文者(他企業)と「雇用関係」になく、労働者保護の労働法関係で定める部分があいまいになります。

「派遣」は、派遣先に指揮監督は存在するが、派遣会社と雇用関係にあり労働者扱いになります。

工場の製造ライン作業を「請負」というには、あまりにもこじつけであり、労働者扱いしない請負の曖昧さにつけ込むことで、偽装請負が横行したのでしょう。