HOME >派遣社員の「年収」「時給」の職種ごとの金額相場
役立つコラム

派遣社員の「結婚」や「出産」について

最近特に増えて来たのが正社員よりも「派遣社員」を選ぶ人たち。一日会社に縛られるのはまっぴら、時間が自由に使える方が良いとの理由からです。
これから先も長く仕事をしていたいと言う気持ちはあるものの、派遣社員を続ける女性には、結婚、妊娠、出産という女性ならではの悩みを乗り越える必要があります。
しかし、それらを理由に派遣先から不当な扱いを受けるのは別問題! 妊娠や出産といった大事なことを理由に解雇なんてとんでもない! 許されて良い訳がありません。


派遣社員だって、権利は正社員と同じ! 遠慮も要らないし、出産前の6週間(多胎妊娠は14週間)及び、出産後の8週間は堂々と出産休暇の申請が出来るんです。
1年以上の勤務実績があるとか、その子が一歳の誕生日を迎えたそれ以降も引き続き雇用の見込みがあるなど、決められた条件をクリアしてれば育児休暇の取得も可能です。
この権利は派遣社員の男性も同じです。専業主婦の奥さんの出産に伴い、ご主人も産後8週間は育児休暇としてお休みが許されている立派な権利なのですから利用しない手はないでしょう。


無用の心配は胎教に悪いですよ。正社員と派遣社員との違いは雇用形態の違いだけ、決して上下の差ではないという事をよく覚えておきましょう。