HOME > 貸金業務取扱主任者資格
資格と技術

貸金業務取扱主任者資格

貸金業界は、過払い金返還請求など,、近年様々な状況の変化に対応を求められています。そうした中、新しい国家資格として、貸金業務取扱主任者資格が、2010年より開始されました。

貸金業者では、貸金業務取扱主任者資格試験に合格し、登録を受けた主任者を、50人に1人以上配置することが義務付けられています。

こうした配置義務のある、国家資格所有者は需要が高いため、資格を生かした仕事に就こうと考えているなら、貸金業務取扱主任者資格は狙い目です。

【受験資格】学歴、年齢、性別、国籍の制限はありません。
【願書受付】7月上旬〜9月上旬頃
【試験日】11月下旬頃
【試験会場】札幌、仙台、千葉、東京、埼玉、横浜、高崎、名古屋、金沢、大阪、京都、神戸、広島、高松、福岡、熊本、沖縄。(受験申込者は希望試験地の選択が可能)
【受験手数料】8,500円
【合格発表】1月中旬頃
【合格率】30%前後